049-259-3000
お問い合わせ
営業時間: 平日9:00〜18:00

総坪数1万坪を超える営業倉庫で様々な流通ニーズにお応えします。

HOME > サービス > トラック輸送

トラック輸送 Transport Truck

お客様とのパートナーシップを深めるため、
アウトソーシングを越えた柔軟性を推進。

埼玉県内に6つの倉庫を備え、40台を越えるトラックを保有するなど、高い機動力を誇っています。4t車以上のトラックは全車、荷物を取り扱いやすいアルミウイング車で、精密機器の輸送にも対応した総輪エアサスで高品質輸送を実現。加えて100社以上の協力ネットワークがあり、日本全国配車が可能です。

全国を網羅する配送会社ネットワークと
大型配車センターの共有で最適な輸送を実現。

首都圏内の輸送は、自社便を中心とした、小口から大口までの配送を展開。自社のシステム、設備を優先利用することで、管理費の削減、生産性の向上を目指しています。
さらに全国エリアでの輸送については、出版産業の全国ネットワークを駆使し、自社輸送同様の最適な輸送を実現しています。特に、各配送会社の荷物を中間地点で統合・分配する共同クロスドッキングを行う出版産業配車センターを設置。配送ミスのない高度なノウハウと配車管理システムを活用して、一括管理を行っています。出版産業がお客様からお預かりした荷物はもちろん、他の出荷先から集荷された荷物を、一旦、この大型配送センターに集め、共同配送便などで荷物を配送することで、全国のどこへでもローコストで、質の高い配送を行っています。

高いメリットを打ち出す配車管理システムによる共同配送。

  • 荷主様の物流費削減が可能。
  • 必要な時に商品を移動し無駄を排除。
  • 一括荷受・検収により時間短縮が可能。
  • 交通渋滞の緩和とCO2削減に貢献。

共同配送前の流れ
配送元が5社で配送先が5社の場合25ルートとなり積み荷状態もバラバラになります。

共同配送後の流れ
大型配送センターで集配の場合は同じケースでも5ルートとなり積み荷は効率よく手配されます。

クロスドッキング方式とは、各企業からの商品が在庫を持たない中間地点で荷合わせされ、各納品先様に配送する方式です。

共同配送前の流れ
配送元が5社で配送先も5社の場合25ルートとなり、罪に状態もバラバラになります。

共同配送後の流れ
大型配送センターで集配の場合は同じケースでも5ルートとなり積み荷は効率よく手配されます。

クロスドッキング方式とは、各企業からの商品が在庫を持たない中間地点で荷合わせされ、各納品先様に配送する方式です。